土浦市のマッサージ,整体なら「ほぐしの里」健康クラブ

ご予約はお気軽に・カードが使用可
Tel.029-819-4601
トップページ > 健康クラブ

健康クラブ

土浦市のマッサージ「ほぐしの里」の健康豆知識

こりを感じた時、体の中で何が起きているの?筋肉・血管・末梢神経のそれぞれに、こりの原因が考えられます。  こりには主に3つの原因があります。まず、筋肉が疲れて硬くなること、さらに硬い筋肉で血管と末梢神経が圧迫され、血行不良が起きること、末梢神経の傷ができることの3点です。


仕事の後は肩が重い。そのワケは?

筋肉は疲れると硬くなります。

 
1日中のデスクワーク、長時間の運転で、肩こり・腰痛を感じたという経験はありませんか?そんな時、筋肉の中では酸素が不足し、乳酸等が作られています。すると筋肉は硬くなり、こりやだるさを感じるのです。   つまり、同じ姿勢を続けたり、特定の筋肉ばかり使い続けることが、こりの原因の1つです。   

 

 


血のめぐりも肩こりに関係している?
血行不良は筋肉をさらに硬くする原因になります。


         

入浴やマッサージで肩こり・腰痛がラクになることはありませんか?
血のめぐりが良くなると肩こり・腰痛も改善される。このような肩こり・腰痛の原因としては、血行不良が考えられます。   疲れて硬くなった筋肉が近くを通る血管を圧迫し、血のめぐりを悪くしてしまいます。すると筋肉の中に発生した乳酸等が流れていかず、筋肉内にたまってしまいます。   また、筋肉にとどく酸素の量も減り、さらに乳酸が作られ、筋肉が硬くなります。そうすると、ますますこりを感じるようになります。
コルところがいつも同じなのはなぜ?
そこの末梢神経が傷ついているからかもしれません。



   

  もんでもよくならない、ジーンとする、いつも同じところがこる、そんな経験はありませんか?そのようなこりの原因には末梢神経(*)の傷が考えられます。疲れて硬くなった筋肉や、たまった乳酸等の刺激によって、近くを通る末梢神経は圧迫されたり、傷ついたりします。  
  末梢神経は、それ自体が痛みやしびれを脳に伝える神経であるため、圧迫されたり傷つくと、その場所がジーンとしたり、違和感が生まれたりします。それがこりや痛みとして感じられるのです。
  末梢神経は、脳や脊髄以外の全身に張りめぐらされた神経のことです。

:肩こり・腰痛って、なぜ慢性化したり、ぶり返したりするの?
:それは肩こり・腰痛をくり返す悪循環があるためです。

筋肉・血管・末梢神経などが互いに影響し合いながら、しつこい肩こり・腰痛を起こす「悪循環の輪」があります。肩こり・腰痛の改善には、この悪循環に対処することが必要です。







肩こり・腰痛を繰り返す「悪循環の輪」

  筋肉の硬直:同じ姿勢を続けていると、筋肉が収縮して硬くなり、張りやこりを感じる。
  血行不良:筋肉が硬くなると、血管が圧迫され、血行が悪くなる。末梢神経が傷つく:
   硬くなった筋肉が末梢神経を傷つける。    

  痛み物質発生:末梢神経の傷や血行不良によって痛みを感じる物質が発生する。
  痛みの感知:脳が痛みを感知すると、反射的に痛みが起こっている場所の筋肉をさらに収縮させる。
   繰り返す肩こり・腰痛の改善にはこの悪循環を断ち切ることが大切です。
ページトップへ戻る
Copyright(C) ほぐしの里 All Rights Reserved.